羽田建築設計事務所

2022.1.24

塗装工事 現場確認

工事が進んでおります物件の、塗装工事の状況を確認しました。

自然素材を使用する場合、木部は保護したり、着色を行うために塗料を塗ります。

外部の木部外壁とポーチ天井の化粧梁に無色のクリア塗装を施した状態です。

外壁がグレーの部分は左官仕上げですが、こちらは下地の段階まで終えています。

塗装前は白っぽい色合いの木でしたが、クリア塗装でも色合いは強まります。

内部天井の化粧梁も塗装を行っていますが、半分より右側は塗装後、左側は塗装前の状況です。

塗りたてということもあり乾いたらもう少し色合いは落ち着きますが、クリア塗装でも雰囲気はガラリと変わります。

内部天井は日差しや雨による劣化対策は必要なく、手で触れる部分でもないため汚れもあまり気にする必要はないので、塗装をせず経年で色が濃くなっていく状態を楽しんでも宜しいと思います。

この度は天井梁を塗装したのですが、色が強まってアクセントにもなるのでとても雰囲気が良いです。

Posted on by 羽田佑輝

2022.1.12

現場確認 大工

年末に上棟した現場にて、大工さんと細かい打ち合わせを行いました。

図面通りに工事をして頂くのはもちろんですが、設計者の意図など、図面では読み取れない内容もあるので、

大工さんの手戻りにならないように細かく打ち合わせを行います。

お施主様に確認が必要など、その場では返答できない内容があれば持ち帰って早めに回答します。

あとは伝えた通りに工事が進んでいるか、現場を改めて確認しに行きます。

こちらの物件は特に、木の骨組みがそのまま表れてくる部分が多いデザインの為、やり直しがきかなくなる部分も多いので、

気を付けて打ち合わせを行います。

完成が春ごろを予定しており、とても楽しみです。

Posted on by 羽田佑輝

2022.1.5

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

昨年も多くのお力添えを頂き、誠にありがとうございました。

今年も建築を通して、社会に貢献していけるよう努めたいと思います。

今後とも変わらぬご指導ご鞭撻の程お願い申し上げます。

Posted on by 羽田佑輝

2021.12.28

仕事納め

色々あった一年でしたが、本日をもって仕事納めとなります。

今年一年弊社と関わって頂きました皆様に御礼申し上げます。

今年は事務所移転など、特に変化の多い一年となりました。

来年も気持ちを新たに、よりよい建築設計活動ができるよう精進したいと思います。

来年も引き続き宜しくお願い致します。

Posted on by 羽田佑輝

2021.12.23

リフォーム 完成 写真撮影

工事が進んでいるリフォーム現場が完成したので施主検査、設計検査、手直しを経て写真撮影を行いました。

検査時には照明設置など一部未完了でしたが、細かくチェックして手直しをして頂きました。

全体的にはきれいに仕上げて頂きました。

数日後に写真撮影をしたのですが、撮影できる状況になりました。

この度はリフォームとあわせて家具も新調されたので、全体的な色合いの調和がとれており、いい雰囲気です。

当初は本棚を設置する予定だった壁は、ご家族のライフスタイルの変化に対応できるようにフリースペースとしました。

白く広い壁のスペースになったので家具を置いたり収納を置いたり、多用途に使用できます。

Posted on by 羽田佑輝

2021.12.13

薪割 薪ストーブ

この度自宅に薪ストーブを採用したので、薪の調達方法に頭を悩ませていました。

過去設計をさせて頂いたお施主様で、薪ストーブを採用された方に相談したところ、薪の調達ルートや薪割方法などご教授頂けるとのことでしたので、教わりに行きました。

こちらの材木場では大小様々な丸太が置かれているので、好きなサイズを持って帰ってよいとのことです。

料金は軽トラック一杯積んでで500円というからかなりお安いですね。

物は安いですが、ここから使えるサイズに割っていくのが大変そうです。

薪割の方法は多くありますが、その中の一つをお教え頂きました。

まずは丸太にくさびを打ち付けて割っていきます。

はじめはくさびぐらいで割れるものかと思いましたが、ある程度打ち込むと裂けていくので予想より簡単に割ることができました。

割った薪をストーブに入るサイズに小さくするために、さらに割っていきます。

筒状のキンドリングクラッカーに薪を差し込み、上から打ち込むとちょうどよいサイズに割れてくれます。

あとはこの工程の繰り返しですが、結構な重労働です。

薪が割れていく工程は、やっていて気持ちがよいのでストレス発散と、よい運動になりそうです。

この度お教え頂いたお施主様は、ご家族で協力しながら薪を割られていたので、恒例の家族行事の一つとしてもちょうどよいかもしれませんね。

Posted on by 羽田佑輝

2021.12.4

リフォーム 新築 現場確認

工事が進んでいるリフォームと新築の現場を確認しました。

まずはリフォーム現場ですが、大工工事も終え、内装工事もほぼ終わった状態です。

キッチンや家具も取り付けられたので、大分完成に近づいています。

天井に設置された化粧梁は200年前に建てられた現存する建物に使用されていた材料で、お施主様が取り外して保管されていたものを、この度大工さんの手によりきれいに磨かれて新品のような状態として再利用しました。

リフォームや建て替え工事では、このようにもともとあったものを新しくなった建物でも受け継いでいくような計画ができるのが面白いところです。

外壁は吹付だったものを撤去し、漆喰に仕上げ直しました。

白い外壁がとてもきれいです。

その後新築工事中の現場に行ったところ、基礎の配筋工事を進めていました。

配筋は設計者、施工者、外部機関の三重チェックにより、問題なく施工されているか確認します。

Posted on by 羽田佑輝

2021.11.30

出張 現地調査

この度設計の相談を受けている物件は、県外のため出張で現地調査を行いました。

海沿いのリゾートヴィラの計画です。

普段設計をお任せ頂くエリアは広島県内が多いですが、たまに県外の物件もあります。

その際も距離は関係なく対応させて頂いてます。

海好きの自分にとっては特にわくわくするようなこの度の計画ですが、初めて訪れる場所ということもあり、風土を知るために周囲を探索しました。

とても自然豊かな場所なので、行くだけでエネルギーをもらえそうです。

台風や塩害など、対策も多く必要なのでこれから調査をして検討を進めていきます。

Posted on by 羽田佑輝

2021.11.25

外構工事 植栽完了

少し時間がかかっていた外構工事も終え、ようやく最後の植栽工事を行いました。

植栽のボリュームも大きいため、背が高い樹木が多く搬入されてきます。

植える前は植木だらけで、植栽市でも行っているかのような雰囲気になりましたが、実際に植えてみるととてもいい感じです。

吹き抜け部分に植える植栽ですが、ちょうど吹き抜けの中を通す必要があるため、設置がなかなか難しいです。

フィットしなかったので、次の日に別の木を持ってきて頂くことになりました。

植栽の有無で雰囲気が大きく違いますね。

もう少しで完成です。

Posted on by 羽田佑輝

2021.11.19

現場確認 広島設計事務所ブログ

現場確認

先日上棟した物件ですが、その後の工事も着々と進んでいます。屋根が施工され、防水もばっちりです。

屋根は足場が取れたら見れなくなるので、今のうちによく見ておきます。

お恥ずかしながら高所恐怖症の自分にとっては、この高さまでが精一杯です。

サッシも搬入され、これから設置を行います。

こちらの物件は大きい窓が多いため、サッシだけでもなかなか迫力があります。

その後、只今相談を頂ている物件の現地調査も行いました。

色々難易度が高いですが、実現すると見ごたえのある物件になりそうです。

Posted on by 羽田佑輝