羽田建築設計事務所

外の間を囲う家

種別:新築
所在地:広島県広島市西区古江
構造:木造
規模:平屋建て 101.85㎡

住宅密集地での平屋の計画。
建物中心に配置した中庭「外の間」により、外の景色や光を室内に取り入れつつ、
外部からの視線をカットし、
プライバシーをしっかり守る間取りとしました。

「外の間」はLDKの延長としても利用でき、
植えられた庭木は内部に安らぎをもたらせてくれます。

玄関ホールやリビングは化粧梁を設置し、
ダイニングは吹抜けとしているので、
視覚的にも開放感やぬくもりを感じることができます。