羽田建築設計事務所

石と鉄の回廊-no.505 Hiroshima Winery-

種別:用途変更
所在地:広島県三原市大和町
構造:木造 一部鉄、石
規模:平屋建て

果樹園内の草原の片隅に、誰にも使われなくなり放置されていたテラススペースを、既存のテラスの上に壁と屋根で囲って多目的に利用できるワイナリー空間にコンバージョン(変換)した。

もとのテラスは石柱と鉄のフレームにガラスの屋根で構成されており、撤去して新たに設置するのではなく、既存を再利用することで、新旧の要素が融合した空間に生まれ変わった。
通常時は2棟に分かれた建物に寄り回廊は分断され、同果樹園内で栽培したブドウを醸造してワインにする醸造所として機能する。建物の開口部を全開放することで、石柱と鉄のフレームが連なった一つの長い回廊になる。

建物外部の屋根の下は休憩スペース、ワインの販売、イベントや演奏会など、憩いの場として多用途に使用することができる。
製作するワインは、有機農法や自然農法で栽培された果実を原料とし、薬などの余計なものを排除することで素材が持つ個性を最大限に生かした「生きるワイン」となる。
建築物にも余計な要素を排除し、シンプルな空間とすることでその場が持つ個性を最大限に引き出し、人同士のふれあいや、自然と人が寄り添うことができるような場とした。

醸造所として機能しつつ、空間全体が一つのインスタレーションにもなっている。